簡単にわかるGS1事業者コード(JAN企業コード)登録申請について

最近中国からのノーブランド品の輸入がブームになって、
JANコードについて注目が集まっています。

Amazonで新規に商品を登録する際に、
JAN企業コードが求められるジャンルがあります。

また新しく自分で商品カタログを作る際にもJAN企業コードが必要な場合もあります。
企業コードとありますが、個人でも取得も可能です。

そんなGS1事業者コード(JAN企業コード)の取り方を開設した書籍を紹介します。

バーコード利用の手引き GS1事業者コード(JAN企業コード)登録申請書付

新品価格
¥1,200から
(2014/8/10 09:57時点)

最寄りの商工会議所に提出する用の申請書もついているので
購入しないと登録できないようになっています。

有効期限は3年間。
年商に応じて登録管理費が分けられます。

まだ、これから輸入ビジネスを始めるという方は10,500円になります。
書籍に詳しく記入方法が記載されてますので本気で事業展開される方は
ぜひ取得することをおすすめします。

関連記事一覧

  1. 世界の工場。中国広州 海珠広場界隈での仕入れ

  2. 中国広州での両替は中国銀行が便利

  3. 深セン福田区の華強北路には世界中のバイヤーが集まる (深セン仕入まとめ④)