Aliexpressアリエクスプレスで異議申し立てをする

こんにちは、池田です。
最近さらに規模を拡大している中国輸入ですが

アリエクスプレスなどネット仕入れの場合
どうしても商品の個数が足りない、
まったく違う商品が届いたなど日常茶飯事にあります。

手厚いバイヤー保護制度があるのは
前にもお伝えしたとおりですが

Aliexpressで流行をつかむ
アリエクスプレスで中国製品を仕入れる

これがわりと頻繁に使わざるを得ない場面に遭遇します。
こんなところでヘコタレてては、絶対中国輸入などはできません!

今日は実際の異議申し立ての手順を簡単にまとめましたので
シェアしますね!

ます、日本版アリエクスプレスにログインします。

続いて、下図にあるように①Transaction(トランザクション)のタブを開いて
過去の注文履歴を見ます。
②のところが今、Dispute in Progress(異議申し立て中)とありますが
ここをクリックすることで正式にセラーに対して異議を申し立てることができます。

003

②をクリックすると
問題の詳細を詳しく聞かれます。


1,Did you receive your goods? (商品は受け取りましたか?)

Yes もしくは Noで答えてください

2,Select your problem from the options below:(問題の詳細について1つ選択)

■ Order is still in transit
(商品配送中のまま進展ありません)
■ The customs duty is too high, so I don’t want to pay
(関税高すぎて払いたくありません)
■ I’m not able to proveide the certification, License or permit requires
by the customs , so I’m not able to import
(該当商品に関する許可証が税関から下りないため輸入できません)
■ Order returned by shipping company.
(商品が返送されました)
■ No tracking information
(追跡番号が見つかりません)
■ The products are fake or counterfeit ,so I couldn’t get the order.
(商品が模造品のため受け取れません)
■ I don’t want to pay the fine
(全額払いません)
■ the order is banned by my country, so I’m not able to import.
(商品自体が輸入禁止対象商品のため、輸入できません)
■ I refused to sign acceptance of the order.
(商品の受け取りサインを拒否した)
■ Order sent by incorrect logistics method.
(指定の配達方法とは違う方法で送られてきた)
■ The seller ship to a wrong address.
(違う住所に商品が送られた)

ここまできて、その後は具体的な商品の症状や
全額返金もしくは部分返金など希望する
問題の解決策について詳しく記述します。

002

これで2営業日以内に何かしら、
セラーは回答をしなければなりません。

返答がなかった場合は、
Aliexress事務局に連絡をすればよいわけです。
取引の意思がないので返金してほしいと。

めげずに商品に対して、納得いかない場合は
きっちり意思を伝えて泣き寝入りしないようにしましょう!

 

この記事がもし役に立ったとお感じになったら

ポチっとおしていただけるとすごく嬉しいです!

↓↓↓

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


Aliexpress アリエクスプレスで中国製品を仕入れてみる

こんにちは、池田です。 今日は私が中国仕入でよく利用している、Aliexpress(アリエクスプレス)というサイトをご紹介します。日本語サイトも用意されていますよ! Aliexpress Aliと先頭についているので感のよい方はお分かりかと思いますが ジャックマー氏がやってるアリババ社(阿里巴巴集団 alibaba)の海外ユーザー向けのサイトになります。 タオバオ (淘宝网 taobao)もこの会社が運営してますよね。 扱ってる商品は重複していることが多いです。でも利用の仕方がそれぞれ違います。 日本人目線で、以下の3サイトについて紹介しますと 位置づけとしては、 1、タオバオ(料金高め、1個単位で購入できる、日本のクレジットカード使えない) 2、アリババ(料金安め、最低購入単位が数十個、日本のクレジットカード使えないところもある) 3、アリエクスプレス(料金高め、1個単位で購入できる、日本のクレジットカード使える) Alibaba com 頻繁にレギュレーションは変わりますし、2013年7月現在の情報になります。 常に最新の情報をご確認くださいね! 因みにアリババジャパンは2013年11月でサービスを終了するそうです。 掲示板など頻繁に利用してたのでちょっと残念ですね。 そこまで日本市場というのはあまり重視されなくなってきたのでしょうね。 個人的には日本語サイトが閉鎖されることで、 にわかな方々が撤退してくださるので有り難い話かなと。 昨今巷で出回っている個人輸入ノウハウはタオバオ、アリババから代行業者を通じて 購入しましょう! というものが大半かと思いますが、いかんせん手数料が10%とか 円→人民元のルートが高すぎたりと、利用者目線から見たらイタイことこの上ないです。 中国に出向いて口座開設して、海外送金する方法で購入することも出来ますが、 手数料等考慮するとそれも若干めんどくさいです。 勿論、現地にパートナーを作って直接仕入れで送ってもらうのが最安ですが そういったパートナーを見つけられていない方にはアリエクスプレス(Ali express)がおすすめです。 何と言っても、1個単位で日本のクレジットカードで購入可能です(visaとmastercardのみ) あとここ重要ですが、商品が想定の納期までに納品されなかった場合、商品のクオリティが 著しく低い場合は払い戻しもしてくれます。 Paypalは使えなくなったそうです。 どういった時に使うか。 私は、新規に商品を扱うときのサンプル品として利用しています。

1、楽天やAmazon、ヤフオクの売れ筋商品からトレンドを掴む。
2、売れてる商品をそのまま真似るのではなく、似た形のものがないかアリエクスプレスで探す。 (英語検索のほうがヒット率があがります! 過去の評価もチェック! )
3、よさげなのがあったら、セラーさんに直接コンタクトする。 レスポンスの早さを見てみる
4、数個試しに買ってみる(米国$払い。船便メインなので配送まで3週間は見てた方がよいです)
5、テスト販売して様子を見てみる
6、売れたものだけ、パートナーに直接出向いてもらい代行購入してもらうか もしくはセラーに価格交渉をする。

といった感じで使っております。 商品情報が英語で記載されているので、ebay仕入れなどに慣れていらっしゃる方は とっつきやすいのではないでしょうか。 中国輸入全般に言えることなのですが『安かろう悪かろう』がどうしてもつきまとうので 安い、すぐ買おうではなく こういったアリエクスプレス aliexpressといったサイトでお試し購入することで 粗悪品を掴まされるリスクを抑える事も心がけていきましょうね! もしこの記事が役に立ったら、ポチッとクリックしてくださると嬉しいです。 よろしくお願いします! ↓↓↓ 輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ