Aliexpressアリエクスプレスで流行をつかむ

こんばんは、池田です。

今日は、Aliexpressアリエクスプレスについてお問い合わせを頂く機会があったので
シェアします。

前回の記事はこちら。
Aliexpressアリエクスプレスで中国製品を仕入れる

アリエクスプレスですが、ebayのように徹底的に外国人バイヤー保護をしてくれます。

Buyer Protectionに詳しく書いてます。

1、到着した商品の状態が満足いくものであった時点で合意ボタンを押した後に、
最終的にセラーに売上が入金される。(=楽天オークションのようなものとお考えください)

2、想定配達期間内に到着しないものに関しては、全額返金される。

ということですが、結構中国輸入で懸念される点をカバーしてくれます。

仮に到着した商品に問題が生じたとしても、
ステップ1:メールでセラーに返品交渉(英語で対応してくれるセラーが多いのもありがたいです)
ステップ2:交渉しても3営業日以内に対応してくれない場合はAliexpress事務局にクレーム申請ができる
ステップ3:事務局が仲裁に向けて最大限のフォローをしてくれる

と、フォロー体制も万全です。


代行業者に法外な手数料を取られて到着までやきもきするよりも、
少し値が張っても本家アリババ(阿里巴巴)のサービス
Aliexpressアリエクスプレスを利用するほうがトータル的には安くてはやいです。

先日注文した商品は7日で到着しました。

feedbuck

あとは、ebayやamazonで仕入れるときと同様、過去のフィードバックや取引数をチェックした上で
取引するセラーを選定していけば、そんなに外れくじをひくことは無いです。

あくまで私の感覚値ですが、星の数(セラースターレイティング)は4.8以上、
過去取引数は1,000以上のセラーと主に取引するようにしてます。

ここで何度も同じセラーから購入する経験を積んで行けば
ゆくゆくは直取引の交渉などをして、安く仕入れる方法を模索するのも手だと思います。

後は、流行をつかみやすいという利点もあります。

週間ベストセラーランキング

で、ジャンル毎の売れ筋がランキング形式で表示されますが
リアルタイムに、世界中のバイヤーがアリエクスプレスから
何を仕入れているのかトレンドをつかむ事ができます。

ここで仕入れて、日本のアマゾンやヤフオクに売るだけじゃなくて
欧米のAmazonやebayで売るという選択肢も十分に考えられます。

発想の幅を広げましょう。

思わぬお宝が発見できるかもしれません。
ぜひ1日1回だけでもよいので、見てみてはいかがでしょうか。

この記事がもし役に立ったとお感じになったら

ポチっとおしていただけるとすごく嬉しいです!

↓↓↓

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

Aliexpress アリエクスプレスで中国製品を仕入れてみる

こんにちは、池田です。 今日は私が中国仕入でよく利用している、Aliexpress(アリエクスプレス)というサイトをご紹介します。日本語サイトも用意されていますよ! Aliexpress Aliと先頭についているので感のよい方はお分かりかと思いますが ジャックマー氏がやってるアリババ社(阿里巴巴集団 alibaba)の海外ユーザー向けのサイトになります。 タオバオ (淘宝网 taobao)もこの会社が運営してますよね。 扱ってる商品は重複していることが多いです。でも利用の仕方がそれぞれ違います。 日本人目線で、以下の3サイトについて紹介しますと 位置づけとしては、 1、タオバオ(料金高め、1個単位で購入できる、日本のクレジットカード使えない) 2、アリババ(料金安め、最低購入単位が数十個、日本のクレジットカード使えないところもある) 3、アリエクスプレス(料金高め、1個単位で購入できる、日本のクレジットカード使える) Alibaba com 頻繁にレギュレーションは変わりますし、2013年7月現在の情報になります。 常に最新の情報をご確認くださいね! 因みにアリババジャパンは2013年11月でサービスを終了するそうです。 掲示板など頻繁に利用してたのでちょっと残念ですね。 そこまで日本市場というのはあまり重視されなくなってきたのでしょうね。 個人的には日本語サイトが閉鎖されることで、 にわかな方々が撤退してくださるので有り難い話かなと。 昨今巷で出回っている個人輸入ノウハウはタオバオ、アリババから代行業者を通じて 購入しましょう! というものが大半かと思いますが、いかんせん手数料が10%とか 円→人民元のルートが高すぎたりと、利用者目線から見たらイタイことこの上ないです。 中国に出向いて口座開設して、海外送金する方法で購入することも出来ますが、 手数料等考慮するとそれも若干めんどくさいです。 勿論、現地にパートナーを作って直接仕入れで送ってもらうのが最安ですが そういったパートナーを見つけられていない方にはアリエクスプレス(Ali express)がおすすめです。 何と言っても、1個単位で日本のクレジットカードで購入可能です(visaとmastercardのみ) あとここ重要ですが、商品が想定の納期までに納品されなかった場合、商品のクオリティが 著しく低い場合は払い戻しもしてくれます。 Paypalは使えなくなったそうです。 どういった時に使うか。 私は、新規に商品を扱うときのサンプル品として利用しています。

1、楽天やAmazon、ヤフオクの売れ筋商品からトレンドを掴む。
2、売れてる商品をそのまま真似るのではなく、似た形のものがないかアリエクスプレスで探す。 (英語検索のほうがヒット率があがります! 過去の評価もチェック! )
3、よさげなのがあったら、セラーさんに直接コンタクトする。 レスポンスの早さを見てみる
4、数個試しに買ってみる(米国$払い。船便メインなので配送まで3週間は見てた方がよいです)
5、テスト販売して様子を見てみる
6、売れたものだけ、パートナーに直接出向いてもらい代行購入してもらうか もしくはセラーに価格交渉をする。

といった感じで使っております。 商品情報が英語で記載されているので、ebay仕入れなどに慣れていらっしゃる方は とっつきやすいのではないでしょうか。 中国輸入全般に言えることなのですが『安かろう悪かろう』がどうしてもつきまとうので 安い、すぐ買おうではなく こういったアリエクスプレス aliexpressといったサイトでお試し購入することで 粗悪品を掴まされるリスクを抑える事も心がけていきましょうね! もしこの記事が役に立ったら、ポチッとクリックしてくださると嬉しいです。 よろしくお願いします! ↓↓↓ 輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

世界の工場。中国広州 海珠広場界隈での仕入れ


足で稼ぐを地で行く今日この頃。

今回は、香港を起点に深セン、広州と『モノの原価を知る』
仕入れの旅に来ています。

他人と同じことをしていては、同じ結果しかでませんし、
一過性の事業にしかならないのでどんどん貪欲にストイックに行きます。

常に自分のフィルターを通して、有益な情報をシェアできればなと思ってます。

ネット回線はかなり落ち気味ですが
なんとかブログは更新できるようです。

広州、深センと仕入れをしてみて思うのは
阿里巴巴〈alibaba〉や淘宝网〈taobao〉といったサイトで
購入するよりも遥かに安いです。

あと、自分の目で品質を確かめられるという点がなによりの利点です。
結構同じ商品でも色あせてたり、パッケージにキズがついていたりと
日本人感覚でこれをよく売り物で出しているなというものがあります。

自分の目で確認することで
安かろう悪かろうで泣き寝入りといったことを未然に防ぐ事が出来ます。

あとは、現地のパートナーとの信頼関係を築けるという点も大きいです。
実際翻訳や価格交渉をしていただいて、本気度を判断できたりします。
skypeだけではわからない人間性も垣間見えて面白いです。

広州は、アパレル市場は中国義烏(イーウー)市場を抑えて、
世界最大級の規模だそうです。

そんな広州最大の繁華街がある北京路などにもほど近い海珠広場で
まず仕入れをしてきました。

随時写真と共にお伝えして行きますね。

現地語でリサーチする

 

表題の通り、今日はリサーチの話で。

 

ヒトと違う視点を持ちリサーチすることで

価格競争に巻き込まれにくいです。

 

私がヨーロッパ仕入れをはじめた時に効果的だったので
ぜひやっていただきたいことがあります!

それは

“現地語でリサーチする” の続きを読む