スミニャックに雑貨の問屋さんが集まってます(バリ島仕入③)


こんばんは、池田です。

今日はバリ島仕入れ本編を。
主にスミニャックという街での仕入れを行いました。
空港から北へ車で30分くらい。
クタやレギャンという昔からの商業地から派生して
今まさに急成長しているスポットです。

スミニャックのマップ
スミニャックのマップ

HISのサイトより抜粋。

地図をパッと見ていただければすぐわかると思いますが、
店の数が半端無いです。

イメージとしては青山表参道明治通り沿いのアパレルショップ群の
3倍くらいの規模といってもよいくらいです。

オシャレ雑貨や家具好きにはたまらないスポットと言えるのでは
ないでしょうか。
日本人観光客が多いクタ周辺とは違い欧米人の姿を結構目にしました。

スミニャックSEMINYAK
スミニャックSEMINYAK

南国情緒あふれる通りです。

ヘビ革のパンプス
ヘビ革のパンプス

ヘビ革のパンプス、これと同様のものを
東京のセレクトショップで買うとなると数万は軽く行きそうなところですが
複数購入で相当な値引きができました。

トカゲの置物
トカゲの置物

1点モノのハンドメイド製品がバリ雑貨の売りの1つですが、
やはり大量生産には無い温もりが感じられました。

このトカゲの置物はお土産に買ってみました。

約1kgと結構重いのです。

 

プラットフォーム販売での価格競争に疲弊されている方はこういった
ハンドメイド雑貨を扱ってみるのはいかがでしょうか。

皆さんノーマークなので、商品説明文を工夫することで
意外と主力商品になるかもしれません。
バリ雑貨、アパレルファンはかなりいます。

 

この他にも、50件以上数稽古で色んなショップを回りましたが
値段は総じて、そんなに安くない(リゾート地価格)ものの

ココでしか手に入らないハンドメイド品を
仕入れるには最適な場所の1つですね。

 

事前に、ネットショップやヤフオク、
BUYMAなどの売れ筋商品を頭の中に
インプットしておけば似たようなもので
掘り出し物はいくらでもあります。

ある程度のボリュームディスカウントもききますので
ぜひトライしてみてください。