Aliexpressアリエクスプレスで流行をつかむ

こんばんは、池田です。

今日は、Aliexpressアリエクスプレスについてお問い合わせを頂く機会があったので
シェアします。

前回の記事はこちら。
Aliexpressアリエクスプレスで中国製品を仕入れる

アリエクスプレスですが、ebayのように徹底的に外国人バイヤー保護をしてくれます。

Buyer Protectionに詳しく書いてます。

1、到着した商品の状態が満足いくものであった時点で合意ボタンを押した後に、
最終的にセラーに売上が入金される。(=楽天オークションのようなものとお考えください)

2、想定配達期間内に到着しないものに関しては、全額返金される。

ということですが、結構中国輸入で懸念される点をカバーしてくれます。

仮に到着した商品に問題が生じたとしても、
ステップ1:メールでセラーに返品交渉(英語で対応してくれるセラーが多いのもありがたいです)
ステップ2:交渉しても3営業日以内に対応してくれない場合はAliexpress事務局にクレーム申請ができる
ステップ3:事務局が仲裁に向けて最大限のフォローをしてくれる

と、フォロー体制も万全です。


代行業者に法外な手数料を取られて到着までやきもきするよりも、
少し値が張っても本家アリババ(阿里巴巴)のサービス
Aliexpressアリエクスプレスを利用するほうがトータル的には安くてはやいです。

先日注文した商品は7日で到着しました。

feedbuck

あとは、ebayやamazonで仕入れるときと同様、過去のフィードバックや取引数をチェックした上で
取引するセラーを選定していけば、そんなに外れくじをひくことは無いです。

あくまで私の感覚値ですが、星の数(セラースターレイティング)は4.8以上、
過去取引数は1,000以上のセラーと主に取引するようにしてます。

ここで何度も同じセラーから購入する経験を積んで行けば
ゆくゆくは直取引の交渉などをして、安く仕入れる方法を模索するのも手だと思います。

後は、流行をつかみやすいという利点もあります。

週間ベストセラーランキング

で、ジャンル毎の売れ筋がランキング形式で表示されますが
リアルタイムに、世界中のバイヤーがアリエクスプレスから
何を仕入れているのかトレンドをつかむ事ができます。

ここで仕入れて、日本のアマゾンやヤフオクに売るだけじゃなくて
欧米のAmazonやebayで売るという選択肢も十分に考えられます。

発想の幅を広げましょう。

思わぬお宝が発見できるかもしれません。
ぜひ1日1回だけでもよいので、見てみてはいかがでしょうか。

この記事がもし役に立ったとお感じになったら

ポチっとおしていただけるとすごく嬉しいです!

↓↓↓

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ